■柾虎■音楽ライター・表現家・料理研究家・経営戦略構築家・マーケティング戦略家などなど■時代のニーズに合わせて変幻自在の人間です。


by masatora_mizuno

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

トライクの足回りについて

トライクの乗り心地を決める、超重要なこと。
それは後輪のサスペンションの構造です。

サクマエンジニアリングさん(下記出所サイト参照)のサイトによると、
下記の2種類に分類することができます。

①リジットアクスルサスペンション
②インデペンデントサスペンション(独立懸架)

どう違うのかは、画像と図解を見ると分かりやすいでしょう。(出所同じ)

①リジットタイプ車両を後から見た模式図

リジットタイプは左右の両輪を1本の車軸で連結してあります。両輪は一体となって上下します。
b0009651_1893388.gif

b0009651_18105749.jpg


②インデペンデントタイプ車両を後から見た模式図

左右の車輪が独立して運動します。
b0009651_18103492.gif

b0009651_1894643.jpg


前に私がレンタルしたTrike JapanのSUZUKI SKYWAVE650は①のリジットタイプで、バネ下重量が重いことと、左右両輪の動きが連動することも災いしてか、高速道路の繋ぎ目や轍などではゴツゴツ感がダイレクトに伝わる感じで、乗り心地があまり良くありませんでした。
それを解決したのが、インデペンデントタイプというわけです。

↓前に乗ったTrike JapanのSUZUKI SKYWAVE650
b0009651_18194722.jpg


「じゃあ、インディペンデントタイプを選択すればいいじゃないか」という結論に至る前に、それぞれの長所と短所を抜き出してみましょう。

①リジットタイプの長所と短所

【長所】
a)構造が簡単で、部品点数が少ないため、信頼性が高く保守が容易である。
b)強度的に比較的有利である。
c)車輪の上下運動によるアライメント変化が少なくタイヤ摩擦も少なくシミー(振れ)も少ない。
d)旋回時には、サスの硬さのわりに安定している。

【短所】
a)ばね下重量が大きく左右両輪の動きが連動するので、路面追従性や乗り心地の面でやや不利である。

②インデペンデントタイプの長所と短所

【長所】
a)ばね下重量が軽く、車輪の接地性が良いので乗り心地が良い。
b)一般に車輪の位置決めのリンクの剛性と、サスペンションスプリングの剛性が分離されるので、ばねを軟らかくでき乗り心地が向上する。

【短所】
a)一般に構造が複雑となり、コストも高くなる。
b)車輪の上下運動により、キャンバ、トレッドなどホイールアライメントが変化し、タイヤ寿命などの面でやや不利な要素を持っている。
c)旋回時には、サスの硬さのわりにアライメントの変化により不安定感がある

とのこと。

これをさらに進化させたのがフルトレーリングアーム型の独立懸架。
b0009651_18291732.jpg

 フルトレーリングアーム型は構造が簡単でスペースを取らないことがトライクにとって大きな利点です。
これは4輪車に比べて構造物を収容するスペースの少ないトライクにはスペース効率の面で、また重量の面でも有利です。また、独立懸架なので当然、リジットアクスル型に比べて片輪は浮きにくいです。

 ただし、コーナリング時に車両が傾いてもキャンバ角が変化せず、接地面が減り後輪が滑り出し易いことがあげられます。ただ、このリヤタイヤがスライドしていく動きは、トライクの「コーナリング時に転倒しやすい」という挙動を抑え、トライクが転倒しにくい姿勢へ補正してくれます。これはフルトレーリングアーム型の欠点が転じて利点ですね。

 このフルトレーリングアーム型の独立懸架方式を用いているのがサクマエンジニアリングさんのトライクです。

なんかマニアックな話になってしまいましたが、いずれにしてもイニシャルコスト、ランニングコストが異なるので、様々な観点でトライクを選択してみると良いでしょう。

私はまずは予算的な問題からリジットにせざるを得ないかと考えていますが、どうなるかな?

出所:サクマ エンジニアリング
[PR]
by masatora_mizuno | 2010-06-07 18:36 | 平穏な日々

Skypeボタン

柾虎のTweet & works

音楽ライターとして下記のアーティストの方にインタビューをさせて頂きました。

■日本(順不同)
DJ KRUSH
DJ YUTAKA
dj honda
DJ KENSEI
MURO
TWIGY
RINO LATINA Ⅱ
HIRO(RISING SUN)
ZEEBRA
G.K.MARYAN
TOMI-E
妄走族
AI
EXILE
HIRO(EXILE)
BOOM BOOM SATELLITES
宇多田ひかる
MISIA
m-flo
DOUBLE
倖田來未
韻シスト
ラッパ我リヤ
韻踏合組合
HOKT
TOKONA-X
DJ FILLMORE
SEEDA
DJ MASTERKEY

まだまだ続く…。

■海外
africa bambaataa
GURU
MISSY ELLIOT
TIMBALAND
THE ROOTS
METHOD MAN
REDMAN
KID KOALA
CHINGY
SPEECH
ADRIANA EVANS
ERIC BENET
JAHEM
BOYZ 2 MEN
BLACK EYED PEAS

まだまだ…。

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧